仮想通貨の買い方・始め方

いまさら聞けない仮想通貨投資の買い方・始め方をカンタンに解説【初心者向け】

「仮想通貨投資」と聞くと、「知識が無いと難そう」というイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、実際は、仮想通貨投資はとても簡単に始められます。大きな元手がなくても、お小遣いの「1万円以下」から始めることができるのです。

このページでは、「仮想通貨を始めたいけどよくわからない」という仮想通貨初心者の方に向けて、仮想通貨投資の始め方や買い方などを簡単に解説します(*`・ω・´)

仮想通貨投資は怖い?難しい?

2017年はビットコインを始めとする仮想通貨の価格が軒並み高騰し、テレビや新聞などのニュースでも取り上げられることが増えました。

この数年で市場が急成長し、2017年初めには10万円台だったビットコインの価格は現在60万円以上に高騰しています。真っ先にビットコインに投資した人の中には、億万長者になった人たちもたくさん誕生しています。

しかしながら、先日、「コインチェックのネム流出」により取引所に預けている資産が引き出せない事件が起きました。

このニュースを見て、仮想通貨に対して「怖い」「怪しい」というイメージを持っている方もいるかもしれません。

仮想通貨投資はこれから

しかし、私は仮想通貨市場はまだまだこれからだと考えています。

世界中で取引されているビットコインの時価総額は、AmazonやAppleよりも小さいのです。

全世界に流通するお金 83,6兆ドル
株式市場 66.8兆ドル
現金流通額 31兆ドル
金(ゴールド)の時価総額 8.2兆ドル
米ドル流通額 1.5兆ドル
Apple時価総額 8120億ドル
Amazon時価総額 4750億ドル
仮想通貨市場の時価総額 1430億ドル
ビルゲイツ氏の資産 860億ドル
ビットコイン時価総額 660億ドル

(2018年2月現在、ビットコインの時価総額は1,000億ドルを突破しています)

株式市場全体に対しては、ビットコインの時価総額は約0.1%ほど。

私はこの程度の規模で収まるはずがないと思っています。皆さんはどう思いますか?

今回は、仮想通貨初心者の方が初めて仮想通貨を始めることを想定して、始め方や買い方などを簡単にまとめました。

仮想通貨の買い方

仮想通貨を買うのはとても簡単です。投資初心者でもネット通販で買い物するのと同じ感覚で、次の手順で手軽に買うことができます。

  1. 国内の取引所に口座開設
  2. 銀行やコンビニから日本円を振り込み
  3. 好きな仮想通貨を買う

それぞれ順番に説明していきます。

国内の取引所に口座開設

まずはじめに、仮想通貨を買うために「国内の取引所に口座開設」する必要があります。

国内にも海外にもたくさんの仮想通貨取引所がありますが、はじめは「国内の取引所」に登録してみましょう。

私がおすすめする取引所は次の4つです。

ビットコインはどの取引所でも買うことができますが、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は取引所によって取り扱い種類が異なります。

またそれぞれの仮想通貨には相性の良い取引所があるので、仮想通貨の種類にあわせて、取引所を使い分けることをおすすめします。

口座開設に必要なものは?

口座開設には、メールアドレスと身分証明書が必要です。登録はAmazonやGoogleのアカウントを作るくらい簡単で、10分もあれば手続きが完了します。

私は取引所を次のように使い分けしています。

取引所の口座開設の本人確認までに時間がかかることがありますので、早めに登録しておいたほうがいいでしょう。

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は自動の積み立て投資ができる取引所で、「仮想通貨に投資したいけど難そう」という方は積立投資で自動的に積み立てていくのがいいでしょう。

価格が落ちているときなどは買い時だと分かっていても心理的になかなか購入に踏み切れませんから、機械的に購入してくれるZaif積立投資は便利ですよ。

またZAIFトークンやCMSトークンなど、Zaifでしか買えない仮想通貨もあります。価格が上がり注目されてから登録していては波に乗れなかったりするので、今のうちに口座開設しておきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

Zaif(ザイフ)の詳細については次の記事で説明しています。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はリップル(XRP)などの仮想通貨を安く買える取引所です。

顧客の資産はコールドウォレットに保管され、「仮想通貨の取引所、セキュリティ大丈夫なの?」と不安な方はbitbank(ビットバンク)がおすすめ。

コールドウォレット

インターネットに接続していないコンピュータで管理するウォレット。紙に書き出すペーパーウォレットやハードウォレットを指す。オフライン環境で管理することで、不正アクセスによって外部から仮想通貨が盗まれることがなくなる。

bitbank(ビットバンク)の詳細については次の記事で説明しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは、ビットコインの取引量が日本一の最大手仮想通貨取引所です。ビックカメラなどの店舗決済導入など、ビットコインの普及に力を注いでいます。

SBIやリクルート、GMOなどが出資し、大手出資の会社というのも安心感があります。

無料登録などでビットコインがもらえるサービスも行っていますので、少額でとりあえず仮想通貨を試してみたい方はビットフライヤーがおすすめ。

bitFlyer(ビットフライヤー)の詳細については次の記事で説明しています。

投資は早ければ早いほどいい

まだ20代で、毎月コツコツと貯金している方もいると思います。

1年で○○万円貯めた、毎日少しずつ節約している、それも素晴らしいことですが、もしまだその貯金を投資に回していないのなら、改めたほうがいいかもしれません。

少しの額でも良いので、仮想通貨に投資してみると「真剣にニュースを読み聞きする」ようになります。勉強のためにも、とりあえず始めてみることをおすすめします。

次の記事で「なぜ20代から投資するべきなのか」を詳しく説明しています。

まだ若い20代だからこそ仮想通貨に投資すべき理由。「働くお金」を銀行に眠らせていませんか?

仮想通貨の始め方まとめ

以上の手順を踏めば、仮想通貨投資をスムーズに始められると思います。

  • 仮想通貨はまだまだ小さな市場
  • 投資することで、知識や経験を得ることができる
  • 始めるのは簡単。メールアドレスと身分証明書が必要
「仮想通貨は怪しい」「バブル崩壊する」など、ネガティヴな取り上げられ方をすることも多いことは事実ですが、自身で少しでも投資してみて勉強することで、その認識も変わるはずです。

思ったより簡単に参加できますし、分からないことがあれば質問やメッセージも受付しています。(すべて答えられるとは限りません)

ぜひこのブログで、仮想通貨について学んでいただけると、幸いです。