タダで仮想通貨を手に入れる

コインチェック(Coincheck)が新規口座開設を再開。入金の注意点、再開準備中サービスなど

当社はこれまで、外部専門家による協力を受け技術的な安全性の確認が完了したサービスについて、段階的に再開を行ってまいりました。具体的には2018年2月に日本円の出金、2018年3月から6月にかけて仮想通貨の出金・売却の再開を順次行ってまいりました。今般、「新規口座開設」「一部仮想通貨の入金・購入」を再開する準備が整い、2018年10月30日より再開いたしましたので、お知らせいたします。

参考 新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ | コインチェック株式会社Coincheck, inc.

本日10月30日、新規口座開設を停止していたコインチェックの登録受付・仮想通貨の入金・購入サービスが再開しました。

入金アドレスの再発行が必要

古い入金アドレスに送金するとGOXします

再開に伴い、コインチェックに入金するためのアドレスが新しくなっています。

↓の手順で発行した新しく入金アドレスに送金するよう注意してください。

手順
「コインを受け取る」画面から「アドレスを作成」をタップし、新しく入金アドレスを発行する

メニューから「コインを受け取る」

(PC画面)ログインした後、メニューから「コインを受け取る」を選択します。

アドレスを作成

入金する仮想通貨を選び、「アドレスを作成」をクリックします。

旧入金アドレス、もしくは異なる仮想通貨の入金アドレスに送金した場合、残高への反映や仮想通貨の返還はされません。

必ず送金するべきアドレスを確認してください。

入金・購入サービスが再開する仮想通貨

今回、入金の再開対象となるのは↓の仮想通貨です。

  1. ビットコイン
  2. イーサリアムクラシック
  3. ライトコイン
  4. ビットコインキャッシュ

また、購入ができるようになった仮想通貨は↓の3種類。

  1. イーサリアムクラシック
  2. ライトコイン
  3. ビットコインキャッシュ

※ビットコインは以前より購入できました

今回できるようになったのは「入金・購入」サービスです。(仮想通貨の出金や売却は以前より全ての仮想通貨に対応していました)

再開準備中の仮想通貨

  1. イーサリアム(ETH)
  2. ネム(XEM)
  3. リスク(LISK)
  4. リップル(XRP)
  5. ファクトム(FCT)

↑の仮想通貨は再開準備中。今後のアナウンスで段階的に再開するようです。

Coincheckでんきに関するアナウンス

電気を切り替えることでビットコインが付与される「Coincheckでんき」についても発表されていました。

2017年12月〜2018年2月までの電気料金に対するBTCの付与が、2018年11月6日に実施されます。

対象者Coincheckでんき「ビットコイン付与」を利用していたユーザー
BTC未付与分2018年1月末、2月末、3月末分
BTC付与実施日2018年11月6日にウォレット残高に反映
レート支払い期日の正午のコインチェックレート

コインチェック退会、Coincheckでんきの解約をしている場合でも、BTCの付与(または現金など)で支払いをするそうです。

問い合わせは↓のリンクからどうぞ。

——————————————————————–
BTCの付与もしくは返金を希望します。

1:Coincheckのアカウントのご利用状況(必須)
– 利用中・退会のいずれかをご記載ください

‍2:Coincheckでんきのご利用状況(必須)
– 利用中・退会のいずれかをご記載ください

——————————————————————–
▼お問い合わせフォーム
https://coincheck.com/ja/info/help_contact

その他再開準備中のサービス

  • レバレッジ新規建取引
  • アフィリエイトプログラム
  • 日本円のコンビニ入金
  • 日本円のクイック入金
  • Coincheck Payment(決済サービス)
  • Coincheckでんき(サービス再開)

また、↑のサービスについても現在停止中ですが、準備が整い次第再開するとのこと。

アフィリエイトプログラムに関しては、これまでコインチェックは自社アフィリエイトで運用していましたが、再開後も継続するのか、ASPを挟んだ形にするのかは発表されていません。

参考 新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ | コインチェック株式会社Coincheck, inc.
マネックス社長が「金融庁のゴーサイン待ち」と言っていた矢先のコインチェック再開なので、国内の仮想通貨の環境は一歩進んだように思います。bitFlyer(ビットフライヤー)も近いうちに再開するかもしれませんね。