仮想通貨の買い方を初心者向けに解説

Let’s start Crypto Currency.

当サイトでは、仮想通貨を始める初心者の方のために、ビットコインの買い方から注目のプロジェクトまでを分かりやすく解説しています。「始めたいと思っていたけどもう遅いかな」と感じている方も、「難しそう」とためらっていた方も、この機会に世の中を変えるかもしれないブロックチェーン・仮想通貨に触れてみませんか。

記事一覧


仮想通貨の買い方

初めて仮想通貨に触れる初心者の方向けに、ビットコイン・仮想通貨の買い方を紹介しました。おすすめの取引所はどこ?アカウントの作成方法は?ビットコイン以外の仮想通貨は何のためにあるの?初心者の方がつまずきそうなポイントを丁寧に解説しています。

仮想通貨の買い方


おすすめ記事

日本国内の取引所No.1のビットバンク。セキュリティにも力を入れており、取引手数料が無料のキャンペーンを実施中。

仮想通貨を始めるならインストールしておきたいアプリを集めました。

仮想通貨のFXトレードを勉強するならビットメックスがおすすめです。

ビットコインとは?

はじめまして。カズトと申します。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、新しい時代の通貨革命を起こしうるといわれています。当サイトをご覧になっているあなたも、ビットコインに何らかの魅力を感じてお越しいただいたのではないでしょうか。

2017年の春に10万円前後だったビットコイン(BTC)の価格は昨年凄まじい勢いで成長し、2017年12月には一時200万円を突破しました。

現在はビットコインの価格は70万円前後に落ち着いていますが、こんな時だからこそ購入するチャンスなのかもしれません。

当サイトでは、ビットコイン(BTC)や仮想通貨について、その特徴とメリット・デメリット、買い方までを初心者に分かりやすく紹介します。

当サイトおすすめ取引所

【人気No.1】ビットバンク

手数料無料でリップルやモナコインを買える取引所。セキュリティにも定評があり、当サイトでも一番人気です。

【スマホで仮想通貨】GMOコイン

国内取引所でFXを始めるならGMOコイン。スマホアプリがとにかく使いやすいので、初心者におすすめです。

【海外FX】ビットメックス(Bitmex)

レバレッジ100倍・世界で人気の取引所。海外の取引所でありながら日本語にも対応しています。

ビットコインとは?

ビットコインは、数百ある仮想通貨の代表的な1つです。

インターネットのネットワークを活用したデジタル通貨で、世界中の国・地域で使うことができます。

個人間でも低い手数料でカンタンに送金することができ、銀行を介さずに取引ができるのが特徴です。

ビットコインを超ざっくり説明するならば、「世界中どこでも使える電子マネー」です。(ほんとにざっくりです)

ただし、SuicaやPiTaPaのような電子マネーと違うところがいくつかあります。

電子マネーとの違い

1.世界中で使える

ビットコインが電子マネーと大きく違うのは、「世界中どこでも使える」ことです。

電子マネーは「日本円」でチャージするので、海外では使えません。

後払い式の電子マネーも、専用の読み取り機械がなければ使うことができません。

ビットコインはスマートフォンがあればQRコードで読み取り決済できるため、特別な機械を導入することなく「誰でも」使うことができます。

外国人観光客も、日本に来てわざわざSuica」のカードを発行するよりも、ビットコインで支払いができたほうが便利です。

そんな理由から、2020年の東京オリンピックまでに国内で使える店舗は大きく広がると見られています。

2.カードがない

電子マネーはそれぞれの種類のICカードが発行されますが、

ビットコインにはカードはありません。

スマートフォンのウォレットアプリを使うことで、決済することが可能です。

ApplePayやおサイフケータイのようなイメージですね(*`・ω・´)

3.発行元の企業がない

SuicaはJR東日本、iDは三井住友カードなど、電子マネーは企業が発行しています。

一方、ビットコインは発行元がなく、世界中のマイナーにより採掘されるため、企業の倒産のリスクがありません。

4.個人間でお金のやりとりができる

ビットコインは、個人間でお金のやりとりができます。最近ではLINE Payなどが個人間送金のサービスを始めましたね。

私も使ったことがありますが、個人間送金はとてもベンリです(*`・ω・´)

例えば、友達と飲みに行ったときに…

飲み会のお店は立て替えといたよ!
万札しかないからあとで崩して半分払うね!

こんな風に「ワリカン」をする場面ってありますよね。

細かい紙幣や硬貨がないがために、コンビニなどでお金を崩しに行ったりすることもあるでしょう。

こんなときにビットコインがあれば、スマホのウォレットアプリからスマートに半分返すことができます。

ビットコインは1,000円から購入できる

「ビットコイン(BTC)を買ってみたいけど、いくらから買えるの?」

ビットコインを始めようか迷っている方からこんな質問をいただくことがあります。現在のビットコイン(BTC)の価格は70万円前後ですが、いきなりそんな大金を投資するのは怖いですよね。

ビットコインは、1,000円以下から購入することが可能です。

ビットコインは0.001BTCから買える

ビットコインの通貨単位は「BTC(ビーティーシー)」と表記されます。

1BTCが1,000,000円(100万円)の場合、

  • 0.1BTC=10万円
  • 0.01BTC=1万円
  • 0.001BTC=1,000円

と表記します。国内でビットコインを購入できる最大手のビットフライヤーでは、0.001BTCから買うことができますよ。

ビットコインの最小単位はSatoshi

海外取引所などでよく見られる「Satoshi」は、ビットコインの最小単位を表します。Satoshiは、ビットコインを考案したサトシ・ナカモト氏に由来します。

1Satoshiは0.00000001BTCのことで、1BTCが100万円の場合、1Satoshiは0.01円です。

ビットコインは株式投資よりもハードルが低い

最もポピュラーな投資である「株式投資」の場合、基本的には100株単位で売買しなければならないため、投資資金がある程度必要となります。

それに対してビットコインは、小数点以下の単位で手軽に購入できるため、「お小遣いを少しずつ積み立てする」ような投資ができますね。

Zaif(ザイフ)には、毎月決めた額を自動的に口座から引き落としして積み立ててくれる「Zaif積立投資」があります。

ドルコスト平均法という投資法で、機械的に購入してくれるので長期投資をしたい方に人気です。

ビットコイン(BTC)は取引所や販売所で買う

ビットコインは基本的に取引所や販売所で売買します。セミナーや友人からビットコインを斡旋されることがあっても、詐欺のリスクが高いことを覚えておきましょう。

国内の取引所ではビットバンク、ビットフライヤー、GMOコインなどが定番です。

ビットコインは金融庁が認可している取引所で購入しましょう。

取引所と販売所の違い

ビットコインの購入は取引所・販売所から購入することができます。

取引所と販売所の違いは、取引所ではユーザー同士がビットコインを売買するのに対して、GMOコインなどの販売所ではユーザーと販売所が取引を行ないます。

一般的には、販売所のほうがスプレッドの分が割高になってしまいますが、確実にビットコインを購入したい方にはおすすめです。

取引所では売り手がいないと注文が約定しませんが、希望の価格で注文できるため、安くビットコインを買いたい方におすすめです。

基本的にはビットコインの購入は取引所がおすすめ。

ビットコインの買い方:例

実際の買い方を見てみましょう!

ここからはビットバンク を例にして、ビットコインの買い方をご紹介します。

ビットコインの買い方:アカウントの登録

まずは、ビットバンクの公式サイトにアクセス します。

メールアドレスを入力し、「新規登録」をクリック。

入力したメールアドレスに、ビットバンクから確認のメールが届きます。

(届いていない場合は、迷惑メールボックスを確認しましょう)

ビットコインの買い方:確認メールをチェック

メールに記載されているURLにアクセスし、登録ページへ進みましょう。

ビットコインの買い方:パスワードを設定

続いてはパスワードの設定です。

  • パスワードの入力
  • パスワードの再入力

にパスワードを入力し、

  • 利用規約に同意します。
  • 取引ルールを理解し、利用することに同意します。
  • リスク事項を理解し、利用することに同意します。

これら3つの項目にチェックを入れ、「登録」をクリックします。

ビットコインの買い方:基本情報を登録する

続いて、「基本情報の登録」です。

メモ
日本の取引所は金融庁の指導により「本人確認の手続き」が必須です。ハガキの確認までに少し時間がかかるため、登録は早めにしておきましょう。

  • 氏名
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 住所

を入力します。

  • 取引の目的
  • 職業
  • 外国の重要な公人(多くの方は該当しないを選択)

を選択したら「確認」に進みます。

基本情報の登録は以上です。

ビットコインの買い方:本人確認書類のアップロード

ビットバンクの登録手続きの最後は、本人確認書類のアップロードです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

のいずれかの写真を撮ってアップロードするのですが、私は「運転免許証」を使いました。

(裏表必要です)

アップロードが完了すると、「本人確認書類の審査」が始まります。

この審査は平日であれば1日〜2日あれば完了し、自宅に確認書類が郵送されます。

この郵送された書類を受けとると、日本円の入金やトレードができるようになります。

ビットバンクの登録手続きは以上です。お疲れさまでした。

ビットコインの買い方:セキュリティの設定

登録が完了したら、大切な資産を守るためにも最低限のセキュリティの設定をしておきましょう。

「二段階認証」と「SMS認証」が設定できます。

二段階認証については以下の記事を参考にしてください(๑•̀ㅁ•́๑)✧

ビットコインの買い方:SMS認証を設定

セキュリティ設定画面の「SMS認証」のページに進みます。

携帯電話番号を入力し、「送信する」をクリック。

入力した携帯電話番号に届いた6ケタの番号を入力して「設定」。

これでSMS認証も完了です。お疲れさまでした。

おすすめのビットコイン取引所

ビットコインやその他の仮想通貨を購入できるおすすめの取引所をご紹介します。

アカウントの登録〜買い方まで各ページで解説しているので参考にしてみてください。

ビットバンク

ビットバンク は、安い手数料でリップルやモナコインを購入できる取引所です。

預けた資産は安全なコールドウォレットに保管されており、ほかと比べてセキュリティが強固といわれています。

ビットバンク でのビットコインの買い方は、次の記事で説明しています。

GMOコイン

 

GMOコイン は、レバレッジを効かせたFXトレードが人気です。

専用アプリが使いやすく、外出先でもビットコインの買い方が非常に分かりやすいです。

GMOコイン でのビットコインの買い方は、次の記事で説明しています。

 

▼サクッと見るだけでわかる動画

当サイトでは、ビットコインの買い方だけでなく、仮想通貨のニュースや各アルトコインの特徴、取引所の使い方まで総合的に解説しています。

ぜひ、仮想通貨を始める参考にしていただければと思います。

当サイトおすすめ取引所

【人気No.1】ビットバンク

手数料無料でリップルやモナコインを買える取引所。セキュリティにも定評があり、当サイトでも一番人気です。

【スマホで仮想通貨】GMOコイン

国内取引所でFXを始めるならGMOコイン。スマホアプリがとにかく使いやすいので、初心者におすすめです。

【海外FX】ビットメックス(Bitmex)

レバレッジ100倍・世界で人気の取引所。海外の取引所でありながら日本語にも対応しています。